Homeクレジットカード おすすめ › 携帯電話料金の延滞がクレジットカードの審査に関わってくるか

携帯電話料金の延滞がクレジットカードの審査に関わってくるか

携帯電話料金を焦げ付かせてしまうと、他社の携帯電話の契約もできなくなってしまうことがあります。これによって「携帯電話料金の滞納なども信用情報機関に登録されるのか」と思ってしまいがちですが、携帯電話料金はクレジットやローンではありません。信用情報機関に登録されるような情報ではないのです。


<携帯電話料金はクレジットカードの審査に影響しない>

携帯電話料金の著しい延滞や焦げ付きは、携帯電話会社の間では情報を共有しているフシもありますが、クレジットカードの審査には全く影響はありません。公共料金や税金などの延滞も、同様に影響することはないのです。しかし携帯電話は割賦によって購入し、月々の支払に組み込まれているようなケースでは、この「割賦」は信用情報機関に登録されます。よってこれが延滞すれば、この部分はクレジットカードの審査のネガティブ情報と成り得るのです。反対に、何らかの形で債務整理を行ったりなどすると、携帯電話の新規契約における機種代金の割賦も出来なくなる場合があります。新規契約は出来ても電話本体は現金で購入しなければならないとうこともありますので、携帯電話やクレジットカードなどの支払いは、滞り無く行うことが大切です。

Comments are closed.