Home › Monthly Archives › 4月 2014

クレジットカードを使ってプレゼントを

皆さんはどんな時にクレジットカードを使っているのでしょうか?
お買い物のときや、他のお支払いの時などに利用している人が多いのではないかと思いますが、たまには自分や友人のために使ってみるのはどうでしょう。
例えば、もうすぐ友人の誕生日だから何かいつもより少し高価なものを、とか。
きっと、友人も喜んでくれるはずですよ。


自分のご褒美にクレジットカードでお買い物

普段は仕事や家事を頑張っている人が多いので、時々そんな自分にご褒美を買ってみるのもいいかもしれないですね。
ご褒美ですから、いつもよりちょっと素敵なものをクレジットカードで購入するのもおすすめ。
もちろん、自分がきちんと後から払えるような金額内でのものになりますが、払える目途があるのなら少々高価なものでもいいと思いますよ。


返済を忘れずに!

クレジットカードを利用したら、後からその支払いをすることになります。
支払い方法は自分で何回払いとか決めることが出来るので、自分に無理の無い返済方法を選ぶようにして下さいね。
ちなみに、一括返済を選ぶと金利手数料がかからないのでお得なんですよ。
だからと言って、無理に一括返済をする必要はないので、全然大丈夫です。
一番は、自分に合わせて選ぶことなので、よく考えてから決めるようにしてもらえると嬉しいです。

携帯電話料金の延滞がクレジットカードの審査に関わってくるか

携帯電話料金を焦げ付かせてしまうと、他社の携帯電話の契約もできなくなってしまうことがあります。これによって「携帯電話料金の滞納なども信用情報機関に登録されるのか」と思ってしまいがちですが、携帯電話料金はクレジットやローンではありません。信用情報機関に登録されるような情報ではないのです。


<携帯電話料金はクレジットカードの審査に影響しない>

携帯電話料金の著しい延滞や焦げ付きは、携帯電話会社の間では情報を共有しているフシもありますが、クレジットカードの審査には全く影響はありません。公共料金や税金などの延滞も、同様に影響することはないのです。しかし携帯電話は割賦によって購入し、月々の支払に組み込まれているようなケースでは、この「割賦」は信用情報機関に登録されます。よってこれが延滞すれば、この部分はクレジットカードの審査のネガティブ情報と成り得るのです。反対に、何らかの形で債務整理を行ったりなどすると、携帯電話の新規契約における機種代金の割賦も出来なくなる場合があります。新規契約は出来ても電話本体は現金で購入しなければならないとうこともありますので、携帯電話やクレジットカードなどの支払いは、滞り無く行うことが大切です。